トレチノインとハイドロキノン治療で乳首の治療について


2013-11-28-01.37.38-300x225 - image

乳首の黒ずみが気になる女性も
多いと思います。

乳首の黒ずむ原因から振り返り、
実際に効果があったセルフケアを
ご紹介していきます。

トレチノインとハイドロキノンで
乳首の黒ずみを取りたい人のための
使用方法はこちらから
icon-arrow3-p - imageトレチノインとハイドロキノンで
乳首の黒ずみ解消したい人の使用方法

乳首黒ずみの種類と原因とは?

bust-1-300x300 - image

乳首や乳輪の黒ずみも
メラニンが色素沈着を起こすために
おこります。

メラニンは紫外線による影響の他、
外的刺激から真皮を守るためにも
生成されます。

具体的には
「加齢によるターンオーバー周期の低下」
「女性ホルモンバランスの変化」
「授乳」
「アトピー性皮膚炎」
などがあるとされています。

icon-check2-r - image加齢による
ターンオーバー周期の低下

一般的にお肌は
年齢とともに新陳代謝が低下し、
生まれ変わり(ターンオーバー)も
遅くなります。

ターンオーバーが遅くなると
角質が溜まりやすくなり、
メラニンも排出されず、
皮膚の中に残ったままになります。

icon-check2-r - image女性ホルモンバランスの変化

エストロゲンとプロゲステロンという
2つの女性ホルモンの分泌が活発になると
メラニン色素の色素細胞を刺激し、
色素沈着がおこりやすくなります。

特に妊娠や出産などでは
上記2つのホルモンの影響を受け、
色素沈着になりやすいようです。

年齢を重ねられた方が
ピンク色をしていたりするのも、
中年世代~初老に掛けて閉経すると、
女性ホルモンが減り、
メラニン色素の生成が
少なくなったりもするようです。

icon-check2-r - image授乳

赤ちゃんの授乳による
外的刺激からお肌を保護するため、
メラニンが色素沈着をおこしやすいとも
考えられています。

icon-check2-r - imageアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の人は
皮膚の炎症が大きく、
お肌のターンオーバーが乱れがちです。

ターンオーバーが乱れると
正常にメラニンが排出されず、
皮膚の中に残ったままになります。

また、皮膚の炎症のみならず、
痒みもおきることから
無意識に掻いてしまい、
炎症後色素沈着がおこりやすくなります。

icon-check3-r1 - image乳首の黒ずみは
メラニンを排出することがカギ

skin-32 - image

乳首や乳輪が色素沈着をおこしている場合、
メラニンがお肌に残ったままに
なっていることがほとんどですので、
メラニンの抑制だけでなく、
排出も促す事が基本になります。

メラニンが色素沈着おこさないように
するためには3つの対策が効果的です。

icon-point1-1-r1 - imageターンオーバーを促進する

ターンオーバーを促進することで
メラニンの排出を促します。

icon-point1-2-r1 - imageメラニンを淡色化する

できたメラニン色素を
薄くします。

icon-point1-3-r1 - imageメラニン生成を抑制する

できてしまったメラニンのみならず、
これから生成されそうなメラニンの
抑制も重要になります。
016953_bihakuen_refund_336_252 - image

トレチノインとハイドロキノン治療

IMG_1906-e1455902524736 - image

トレチノインはメラニンを
お肌から排出させます。

ハイドロキノンはメラニンが新しく
作られるのを阻害し、
できたメラニンの色を還元作用により、
薄くします。

icon-check2-r - imageトレチノインの具体的な作用

016953_bihakuen01p - image
>>[BIHAKUEN]トレチノイン0.1%

  1. ピーリング作用
  2. 肌のターンオーバーを促進
    表皮の細胞を分裂・増殖させます。
    肌の再生を促進します。
  3. 皮脂のコントロール
    皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑えます。
    にきび治療や肌の皮脂コントロールにも効果的です。
  4. しわの減少、肌のハリがアップ
    コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促します。
    小じわの改善が期待でき、
    肌のハリが生まれます。

icon-check2-r - imageハイドロキノンの具体的な作用

017067_bihakuen_hq4 - image
>>[BIHAKUEN]ハイドロキノン4%

  1. メラニン合成酵素である
    チロジナーゼを阻害します。
  2. メラニン色素を作る
    メラノサイトに対し、
    細胞毒性があります。結果、
    メラニン色素を作らせなくします。
  3. 還元作用により酸化を還元し、
    メラニンの色を薄くします。

実際に乳首の黒ずみを
トレチノインとハイドロキノン治療
おこなった結果

トレチノインの期間が終わり、
炎症を冷ます期間直後が
1番黒ずみが取れ、
乳首や乳輪の色が明るくなりました。

トレチノインの反応が
落ち着いてきた頃から
皮剥けはだんだんとなくなり、
状態が落ち着いてきます。

肌全体が少し赤みが出るような感じで、
多少乳首の色も赤みかかっていたかな、
という感じでした。

その後、休薬期間を1ヶ月以上取り、
ハイドロキノンもお休みします。

休薬期間を置く事で、
また薬品に対して
効果が出るようになります。

実際に乳首の黒ずみ取り治療をおこなった
体験記の一覧はこちら
icon-arrow3-p - imageトレチノインとハイドロキノン治療の効果体験記

icon-check2-r - imageトレチノインとハイドロキノンで
乳首の黒ずみ治療をする際の
留意事項

icon-check-b-r1 - imageパートナーに伝えておく

暗くてもわかる位
剥けてきますので、
びっくりされます。

icon-check-b-r1 - image薬品の反応が遅い

皮剥け(薬品の反応)ですが、
顔が1番早いです。

これは元々のターンオーバーが
顔が早いことによるものです。

顔とカラダでは
ターンオーバーのサイクルに
違いがあるとされています。

個人差もありますが、
顔と足では倍ほど違っていたりもするようです。

首より下(体)に関しては、
顔より反応が倍ほど遅いです。

体験記ではトレチノイン0.1%で反応がないので、
トレチノイン0.4%に変更しましたが、
皮剥けはずいぶん後でした。

全身ピーリングをするため、
トレチノインとハイドロキノンで治療しましたが、
特に反応が遅かったのは
胸より下、手、足、背中です。

肩、バスト、デコルテ、乳首は
もう少しだけ早く反応がありました。

icon-check-b-r1 - image回数を重ねて効果を上げる

乳首の色素沈着
上記に詳しく記載した通り、
ホルモンの分泌がメラニン色素に
関係することもあります。

長い目(半年ほど)で
回数を重ねて治療に取り組むと効果を出しやすいです。

icon-check-b-r1 - image薬品の作用を理解し、
活用する

メラニンの抑制をする成分は数々ありますが、
メラニン自体を1回でわかるほど
強力に排出し、色素沈着の改善を
感じたことはありませんでした。

その後若干の色の戻りはあるとはいえ、
元に比べると色素は明るくなっています。

私は元が色黒なため、
今までどんな美白化粧品を使っても
大差はありませんでした。

この治療で初めて、色が薄くなりました。

トレチノインとハイドロキノン治療は
シミだけでなく乳首の色素沈着に悩む人の
有効な治療の一つだと思います。

 

こちらの記事をチェックした人は
こちらの記事もチェックしています

トレチノイン ハイドロキノンの治療経過の全記録一覧

さらに白く|トレチノインとハイドロキノン|顔全体経過記40日目(3クール目終了写真と以前との比較)

ハイドロキノンとトレチノイン|通販で治療した全身ピーリング44日目(2クール目終了と以前との比較)


“トレチノインとハイドロキノン治療で乳首の治療について” への8件のフィードバック

  1. ぱん より:

    質問お願いしますm(_ _)m
    乳首は先端の部分も塗りますか?
    乳首の穴に入ったら危なそうなんですが大丈夫でしょうか?

    • COCO COCO より:

      ぱんさん、コメント訪問ありがとございます(*’-‘*)

      私は先の方は塗ってなかったです〜
      色も濃くなかったので^^

  2. ゆん より:

    乳首とVゾーンの治療をしました。Vゾーンはきれいになったのですが乳輪が縁取りのように中心だけ色が薄くなってしまいました。トレチノインを塗る時も薄めに乳輪全体もしくは少し小さめに塗っていたのですが。。。あまり、色が抜けなかった部分だけトレチノインを再開してみたのですが均等になるのでしょうか(>_<)

    • COCO COCO より:

      ゆんさん、コメント訪問ありがとうございます(*’-‘*)

      そうですか!(◎_◎;)
      トレチノインのところのみにしっかり効いてしまったのかもしれませんね。。。。

      シミなどの治療の場合も1回で満足しなければ
      また繰り返して他の部分とのバランスを取るので
      休薬期間を置いて再度すればその部分も薄くなるはずです(〃゚∇゚〃)

      私も火傷の跡の部分で色が残ったところは
      繰り返して薄くしました^^

      休薬期間中にも
      ビタミンC誘導体とかルミキシルとかでケアすると少しは違うかもですが〜

      Vゾーンはデリケートで、皮剥けも下着が当たって大変なので、
      無事キレイになってよかったですね!

      • ゆん より:

        ご返信ありがとうございます!

        やはり休薬期間が終わってからじゃないと再開しないほうがいいんですね(>_<)
        ハイドロのみに変えたら縁取りが判明したので塗り始めてしまいましたが。
        ちょっと様子を見てみます。

        ありがとうございます。

        • COCO COCO より:

          ゆんさん、こちらこそ読んでいただき、ありがとうごさいます♪

          トレチノインの特長からして、
          続けて塗っても効果が出にくくなると感じています。

          休みをあけてもう一度する方が効果は上げやすいと思います。

          ただ、私はトレチノインをやめて、
          ビタミンC誘導体とハイドロキノンでも
          色が薄くなりました。

          ハイドロキノンの期間も全部をし終わると
          あまり縁取りも気にならなくなるかもです(*’-‘*)

          • ゆん より:

            お返事ありがとうございます!そうなんですね!
            では再開したのは中止して1度予定通りのハイドロキノン期間を継続してみます!
            ありがとうございます!

          • COCO COCO より:

            ゆんさん、
            わたしの経験ではハイドロキノンも4%だとけっこう強力でした!(*’-‘*)

            いい結果になるといいですね〜♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。