トレチノインとハイドロキノン治療|顔のダウンタイムについて


2013-11-22 21.50.36

 

2013年11月22日の写真です。

11月20日から始めた治療で、この時すでに顔はやや皮剥けに!
顔は本当に反応が早いです。

ただ、あなたも顏が一番お肌の悩みを持っているのはないでしょうか?
いくら綺麗になるとはいえ、ダウンタイムがどれ位か、
具体的に気になりますよね。

そういう私はとても気になっていたんです。
なんせお仕事はサービス業なので、毎日お客様と顏をあわせます。
顔を隠して仕事はできません。

かといってお休みできるわけでもありません。
なので、どの位皮がボロボロ剥けて、人前に出れるのか、
それとも化粧でなんとかなるのか?

ここが一番気になるところでした。

ただ、こればっかりはやってみないとわからない!
ということで、実験も兼ねてやってみることにしたんです。

 

3日後のかなりの皮剥け状態で、人前に出て大丈夫だったのか??

 

 

2013-11-25 18.02.20

2013-11-25 04.29.11

2013-11-25 04.29.31

 

11月25日の写真です。

たった3日で顔はかなりのスピードで皮が剥けており、
皮膚がポロポロ浮いてきています。

自分では『えーこれはマズイ!』と、鏡をまじまじと見ました。

私、大丈夫??

いつも通りビタミンC誘導体美白化粧水、トレチノインを塗り、
ハイドロキノンを塗り、その後オイルで保湿をし、お化粧に取りかかる事に。

まず、日焼け止め。

 

これは必須になります。トレチノイン、ハイドロキノン治療中はとにかく日焼けは絶対に厳禁。
室内のお仕事であったとしても、窓から入るかもしれない紫外線対策をしておくのがベターです。

というのも肌のバリア機能を落としているため、通常より、紫外線のダメージをとても受けやすいです。
なので、ほぼ外に出ないとしても、まず日焼け止めを塗ります。

そこから、ファンデーションを塗るわけですが、
私はまず、スティックファンデーションを使用していました。

理由は水分が多いからです。

皮剥けは、実は午後になるほどひどくなってきます!
どうやら、乾燥すればするほど目立つようなのです。

最初あまり化粧をしない方がよいのかと
パウダーファンデーションのみにしていましたが、
かなりひび割れている感じになり、
目立ちます…

そこで、カバー力があり、ファンデーションに日焼け止め効果もSPF50あるもの。
コラーゲンを破壊するUVーAもPA+++防御率のものを使用していました。

これ自体に保湿効果もあり、乾燥が防げるため、
ひび割れが目立ちません。

その上にパウダーを軽くはたき、
後は通常通りのお化粧をし、午前中は言わないと気付かれないほどに。

見た方は『ちょっと乾燥されてるのかなーって思いました』とのこと。

その後調子にのって、1回目のクールの時は午後過ごしていると
なんとどんどん乾いていくので、えらい顔面ひび割れになってきたわけです!

これはマズイ!

ということでそこでケアの重要さを実感…

午後に入る時に、もう一回手直しすることで、
目立たないことを発見!!

【午後に皮剥けが目立たなくするための手入れの方法】

  1. まず、携帯できる保湿力のあるスプレー化粧水をつけます。こういう低刺激で質がいいオーガニックのものなどがおすすめ。
  2. 手で軽く押さえ、なじませます。
  3. スティックファンデーションを全体に軽くつけ直します。
    指でなじませます。
  4. とれて気になるチークやアイライン、
    アイブロウなどのメイクを手直しして完了!

 

これで午後はしばらく持ちます!!
どうしても夜まで仕事で、顔が気になる場合は上記1〜4をもう一度夕方に行います。

 

スティックファンデーションはこの愛用している本の著者、勝田小百合さんがいいという
24Hコスメのものを使っています。

彼女はカイロプラクターで“体の内側から若返る”ナチュラルなアンチエイジング法を提唱しています。
選ぶコスメに間違いはない、という方。

その徹底ぶりには私は頭が上がりません。
その彼女のオススメベースメイクに24Hコスメのファンデーションはリストに上がっているんです。
保湿成分内容、合成ポリマーや合成防腐剤不使用、
それでいて、エイジングケアの成分も入っており、
石けんで落とせるという、すごく使いやすいファンデーションなんです。
ナチュラルな成分でできているのに、カバー力もあります。
これを使って以来、他のベースメイクには全く使う気にもなれず、
ずっと愛用中です。

トレチノイン ハイドロキノンの治療経過の全記録一覧はこちら


“トレチノインとハイドロキノン治療|顔のダウンタイムについて” への8件のフィードバック

  1. momon より:

    初めまして。
    今まではハイドロキノン4%のみ使用。
    シナールとトランサミン服用を二か月続けています。
    フォトフェイシャル一回とライムライト一回体験。
    肌は明るくなったと言われるようになりましたが、
    たくさんの小さな薄いしみをなくしたいと思い
    オオサカ堂でトレチノイン0.05%購入しました。
    皮がむけることとに抵抗がありまだ開始していません。
    ネットで調べているところにこのHPを見つけました。
     お忙しいと思いますが、ご回答いただけると嬉しいです。

    顔全体に塗布されていたようですが、量は薄くのばす程度でしょうか?
    10日程で皮むけが落ち着いたとありますが、落ち着いた後は
    トレチノイン終了してハイドロキノンのみにされたのでしょうか?
    (個人差はあると思います。)
    私も接客業なので躊躇しているところです。

    • COCO COCO より:

      momonさん、コメント訪問ありがとうございます(*’-‘*)

      フォトフェイシャル一回とライムライト一回体験をし、
      シナールとトランサミンを2ヶ月続けていらっしゃるのですね。

      小さい薄いシミがあると
      気になりますね…

      私は顔全体にしている時、
      トレチノインもハイドロキノンも薄く伸ばします。

      トレチノインは浸透性があるので、
      薄く塗るので十分です。

      肌と濃度が適切であれば皮剥けが起こりますが、
      適切でない場合皮剥けはおこりません。

      人にもよりますが、0.05%だけよりも
      0.1%もある方がいいとは思います。

      私は10日程度で皮剥けが落ち着いた後は
      ビタミンC誘導体化粧水と
      ハイドロキノンのみに切り替えています。

      赤みなどが少し続いても良い場合、
      1回で美白効果をあげたい場合は

      2週間-1ヶ月まであたりを目安に
      トレチノインとハイドロキノンを塗り、
      ハイドロキノンに切り替えてもいいかもしれません。

      最大でトレチノインを塗る期間は約1ヶ月位とされており、
      その間はトレチノインの作用により、
      ハイドロキノンが効果が上がりやすくなります。

      シミが淡色化しやすいです。

      皮剥けは1回目が一番目立ちます。
      その後は剥けたとしても
      小さくなりました。

      なので、赤みが気にならなければ
      そういう方法も効果をあげやすいかもしれません。

      接客業の場合と個人差があるので、
      気になる場合は1度綿棒で1つか2つのシミだけを
      トレチノインとハイドロキノン治療をしてみて
      自分の肌がどんな風に剥けるのかを試してみる方が無難かとは思います。

      私は皮剥けが多少あっても
      ちょっと距離を離れたら
      乾燥がひどい人くらいにしか思わないだろうと気にしないタイプです。

      なので普通に仕事中に治療していました。

      実際のお肌の状態を自分で見てみないと
      気になるかどうかわかりませんので
      一度試してみる方がよいかもしれません…(^_^;A

      トレチノインの乾燥や皮剥けが
      気になる場合はリキッドのファンデーション、
      スティックなどをパウダーを使わずに
      3-4時間たったころに一度取ってベース化粧品をつけて
      塗り直すと目立ちにくくなりましたよ♪

      • momon より:

        お忙しい中ご丁寧な返信ありがとうございます。
        早速試してみます。
        手の甲に小さなシミがあるのでトレチノインを塗ってみましたが
        悲しいことに反応なしでした。もうしばらく続けてみますが。

        • COCO COCO より:

          monmonさん、こちらこそいつもありがとうございます^^

          そうですね…確率ですが、手とカラダは皮膚のターンオーバーが違うので、
          トレチノインの作用が出るのに倍の時間ほどかかります…

          ブログを見に来た方やコメントでお聞きしたところによると
          顔で0.05%でも反応が出にくい方が多い感じです。

          手だともしかすると出ないかもしれません…

          0.1%もある方が無難ではあると思います(*’-‘*)

  2. はるな より:

    初めまして!!
    トレチノイン0.025%、ハイドロキノン2%を使い初めて5日たちました。
    顔はうっすら赤くなり、にきびも多少乾燥してるのですが、皮がいっこうにめくれません…。そこで、トレチノイン0.05%、ハイドロキノン4%に変えました。
    皮がめくれてるのかな?くらいのて程度で
    なかなか全体てきにめくれてこないのです。濃度があっていないのでしょうか?

    • COCO COCO より:

      はるなさん、コメントも訪問もありがとうございます(〃゚∇゚〃)

      そうですか〜(^_^;A
      私の経験ですが、あまり何もおこらない時は
      顔は濃度を上げていました。

      これはかなり個人差があるようですが、
      皮膚科でトレチノインを取り扱っている病院で
      トレチノインの濃度を表記しているところでは
      0.1%を基本にしていました。

      トレチノインは、どんどん角質を剥がすので、
      薬がよく効いていればレチノイド反応がおきます。

      赤み・乾燥・ひりひり感・粉がふくような皮むけなどです。

      2週間以上経過して肌がトレチノインに慣れてくると
      薬が効いていても症状が治まります。

      なので、もし塗り始めて2週間近くになっている場合は
      薬が慣れてきているかもしれないかな、と感じました。

      2週間も経っていない場合は
      濃度が低いのかもしれません。

      ただ、皮が大きくむけたりしなくても
      トレチノインの効果がないかというと
      ターンオーバーは促進されていたり、
      コラーゲンの産生が行われ、
      お肌はツルツルしてくるはずです(*’-‘*)

      皮向けなどの大きなダウンタイムを取りたくない場合は
      濃度が薄いものを使って、
      皮剥けけせずに少しずつ美肌にする、
      というような使い方もありますよ〜〜♪

      ちなみにアメリカでは、ニキビ治療外用薬として0.025%のレチンAと
      光老化皮膚に0.05%のレノバがFDAに認可されています。

      レチンAはジョンソンエイドジョンソンのトレチノイン、
      レノバはORTHO社のトレチノインの商品名です。

  3. mima より:

    こんばんは。
    私も治療を考えております。
    とても参考になります。
    ぜひ、ご質問よろしくお願い致します。
    ビタミンCの化粧水ですが、こちらは何で薄められているでしょうか。

    • COCO COCO より:

      mimaさんコメント訪問ありがとうございます♪

      私はお家に水素水サーバーを持っているので、
      水素水でビタミンC誘導体粉末を溶かしています(〃゚∇゚〃)

      それ以外だと精製水が適していると思いますよ〜

      ドラッグストアで売っています♪
      500mlで100円前後ほどで手に入ります♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。