美白は薬品を両方使わないと効果がない?トレチノインとハイドロキノン留意点


IMG_1907-e1455892165796 - image

トレチノインとハイドロキノンで
美白をするのに、効果を出しやすいなと感じた事があります。

それは…
両方の薬品を使うこと!!

実は私はトレチノインの効果を知り、
最初思った事がありました。

じゃぁ、肌を美白するなら
ピーリングの役割のトレチノインだけ
でもいいんじゃない??と。

今では試した後なので、
それは美白にとっては
とてももったいないと思います!!

効果を上げるためのコツとは

しっかり美白するために
重要な点をピックアップしました。

icon-check3-r1 - image本来肌にはバリア機能が働いており、
化粧品だと真皮まで浸透しません

skin-2-300x300 - image

真皮と表皮と肌にはあり、
その表皮も4つの層からできています。

外側から 角質層(かくしつそう)、
顆粒層(かりゅうそう)、
有棘層(ゆうきょくそう)、
基底層(きていそう)からできており、
化粧品が影響するのは一番外側の角質層のみ。

医薬品や医薬部外品は
浸透剤などを使うことにより、
有効成分が皮膚の中や
皮膚下に届くようにできてます。

本来あるバリア機能を
通過するようになっています。

このトレチノインは医薬品にあたり、
本来あるバリア機能の働きをおとし、
ハイドロキノンの有効成分も
効果を出しやすくします。

日本では未認証医薬品となりますが、
FDAの認可されている外用薬です。

FDA…アメリカの政府機関で「保険、福祉省」に属します。
食品や薬品を中心に化粧品などの
製品の認可や違反取締を行っています。
「アメリカ食品医薬品局」

美白を目的とした場合、
トレチノインにより
肌のターンオーバーを促進、
バリア機能を一時的に落とします。

ハイドロキノンの
肌の漂白剤と呼ばれるほどの
有効成分の効果を出しやすくします。

肌の代謝をよくするだけでも、
美白効果が強いものを
塗るだけでもいいです。

ただ、この2つがあわさると、
個々の効果がより相乗効果をうむ
と感じました。

もちろん片方ずつだけでも
得られやすい効果はあります。

(詳しくは3つ目の見出しの
内容を参照してください)

ただ、美白に関すると両方使うと
効果が上がるようです。

icon-check3-r1 - imageハイドロキノンは
高級化粧品などに使われる美白成分
IMG_1905-e1485363757394 - image

ハイドロキノン配合の化粧品を調べた所、
人気のあるものでだいたい
8000円〜14000円位はしていました。

その上内容量は10g~30g程度。
かなりお高いです。

それだけ美白に関しては
定評のある成分かな、
という印象です。

016953_bihakuen_refund_336_252 - image

トレチノインハイドロキノン
それぞれの皮膚に対する作用

017567_bihakuenset03 - image

icon-check3-r1 - imageトレチノインの皮膚に対する作用

  1. ピーリング作用
    古い角質を積極的にはがします。
  2. 肌のターンオーバーを促進
    表皮の細胞を分裂・増殖させ、肌の再生を促進します。
  3. 皮脂のコントロール
    皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑えます。にきび治療や肌の皮脂コントロールにも効果的です。
  4. しわが減り、肌のハリを実感
    コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促します。小じわの改善が期待でき、肌のハリが生まれます。

icon-check3-r1 - imageハイドロキノンの皮膚に対する作用

  1. ハイドロキノンはメラニン合成酵素であるチロジナーゼの阻害剤です。
    メラニン色素を作るメラノサイトに対し、細胞毒性があります。
    そうすることで、しみの原因であるメラニン色素を作らせなくする漂白剤です。
    (肌の漂白剤との呼ばれます)

icon-check3-r1 - image両方の医薬品のそれぞれの注意点

icon-check2-r - imageトレチノイン

016953_bihakuen01p - image

  • 目と口の周り1cm以内には使用しないでください。
  • 治療を開始すると一時的に軽い赤みや皮膚がポロポロはがれ落ちします。
  • 治療中は日焼け止めを塗り、紫外線防止対策は念入りにしてください。(SPF30,PA+++以上がオススメ)
  • 治療中は乾燥しやすいので保湿もしてください。(オイルがおすすめ)
  • 妊娠中の方、妊娠を希望している方は治療できません。
  • ハイドロキノンを併用することでニキビ、ニキビ跡、シミを効果的に治療が可能になります。

icon-check2-r - imageハイドロキノン

017067_bihakuen_hq4 - image

  • 熱や光に弱いため、しっかりと密閉し冷蔵庫などで保管してください。(開封後1ヶ月を過ぎると破棄してください)
  • 治療中は日焼け止めを塗り、紫外線防止対策は念入りにしてください。(SPF30,PA+++以上がオススメ)
  • 治療中は乾燥しやすいので保湿もしてください。(オイルがおすすめ)
  • トレチノインと併用するとニキビ、ニキビ跡、シミを効果的に治療が可能となります。

美白は薬品を両方使わない
効果がない?まとめ

IMG_1906-e1455902524736 - image

それぞれの医薬品の作用は、
化粧品では得られない効果を
もったものです。

美白目的の場合は、
両方の医薬品を併用すると良いです。

私の場合は地黒で
色が元々黒いのにもかかわらず、
白いですねと言われる機会ができました。

これは私の人生の経験からすると奇跡です!!

白くなる事もあるんだ!と
本人もビックリしています。

もちろん白い所ばかりではなく、
全身色が白くなったわけではありません。

ただ、今までで生きてきて
一番白いかもしれません。

美白を目的をしている方には
両方の医薬品の併用を
オススメいたします。

こちらの記事をチェックした人は
こちらの記事もチェックしています

さらに白く|トレチノインとハイドロキノン顔全体治療3クール目終了40日目

ハイドロキノンの治療経過の全記録一覧はこちら

トレチノインとハイドロキノンの使用方法や塗り方方法のまとめはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。