Vライン(陰部)の黒ずみ取り

line88x20 - image
hatena - image
[`yahoo` not found]

vio - image

ハイドロキノンとトレチノインを使って
Vラインの黒ずみ取りにしました!

Vラインって下着の摩擦などで
ついつい黒ずんでしまいやすいとこですよね…

これってなんとかならないものか?
そう思い、美白の強力な味方の
ハイドロキノン

皮膚のターンオーバーを2倍にし、
メラニン色素を排出するという
トレチノイン

この療法の医薬品を使い、Vラインの黒ずみ取りしました。

見事、黒ずみが薄くなり、
ケアしてよかったです〜♪

しかし!
デリケートな部分であり、粘膜に近いので
顔をまた違ったところで
注意した方がよいことも!

使用方法や注意事項もまとめました♪

トレチノインとハイドロキノン治療で
Vゾーン(Vライン)黒ずみ取りの
経過治療記

icon-check3-r1 - imageVラインの黒ずみ取りのための
ハイドロキノンとトレチノインの
使用方法

trehi-hydro - image

治療で必要なもの

トレチノインとハイドロキノンを塗る順番

IMG_1907-e1455892165796 - image

新世代ビタミンC誘導体
「アプレシエ(APPS)」1%化粧水
を塗る。

ビタミンC誘導体を塗ることで
トレチノインの副作用を出過ぎることも防止します。

アプレシエは細胞内の活性酸素の除去します。

ビタミンC誘導体であれば
なんでもいいわけではありません。

今までのビタミンC誘誘導体よりも
100倍浸透すると言われている
アプレシエ(APPS).

以前のビタミンC誘導体AGよりも
浸透率を確かめる実験でも
大きく差が出ています。

APPS-1 - image

高い浸透率が得られる分
ビタミンC誘導体の効果も上がりやすくなります。

出典:昭和電工株式会社 アプレシエとは

(BIHAKUEN)トレチノイン0.1%などを塗る。

vio1-2 - image

トレチノインの塗る範囲は
黒ずみが気になる箇所の少し小さめにしています。

トレチノインは薄く伸ばします。

トレチノインの濃度は個人差があります。

トレチノインを取り扱いクリニックでは、
0.1%を基本に処方しているところが多かったです。

Vラインの黒ずみ取りを目的とする場合
粘膜に近い部分なので、
過剰に副作用が出過ぎる可能性があります。

(BIHAKUEN)トレチノイン0.05%
もしくは(BIHAKUEN)トレチノイン0.025%などで
リスクの少ない方から試す方がよいです。

※Iラインは特に粘膜に近く、
リスクが高いので、私はしていません。

薬品が効きすぎて、炎症後色素沈着の
可能性が高く、よけいに黒ずむことも考えられます。

③トレチノインが乾いたら、
(BIHAKUEN)ハイドロキノン4%を塗る。

vio1-3 - image

さきほど塗ったトレチノインより、
ハイドロキノンは少し大きめに伸ばしています。

ハイドロキノンは
メラニン合成酵素である
チロジナーゼの阻害剤です。

メラノサイトに対して
新しいメラニンを作らせないように
活動を弱めます。

ハイドロキノンは
黒ずみを薄くする効果もあります。

5%以下のハイドロキノンでは
白い色抜け(白斑はくはん)は
報告されていません。

ハイドロキノンは
アレルギーの可能性がありますので、
以下の指標も参考にしてください。
icon-arrow3-p - imageハイドロキノンのアレルギー反応の指標|トレチノインとハイドロキノン

④保湿ケアをする

トリロジー ロザピンプラスなどで保湿ケアをします。

トリロジーのオイルは抗酸化作用が強く、
世界中で数々のビューティアワードに輝いた
エイジングケア用のオイルです。

国際的に信頼されている
バイオグロオーガニック認証を取得しています。

オイルに含まれるローズヒップオイルは
アンチエイジング効果、長時間の保湿効果、
美白効果、抗炎症作用もあります。

配合されているクランベリー種子油にも
抗炎症効果があります。

コラーゲンやエラスチン等の産生の促進や、
皮膚の脂質バリア機能保護し保湿をサポートします。

私もトリロジーは愛用リピート中で、
ピーリングをしていない時でも
スッと浸透してくれ、
くすみ抜けが素晴らしいオイルでお気に入りです。

特にVラインは敏感な場所なので、
保湿もオーガニックをおススメします。

他の方の口コミもチェックできます
015209_antioxydant_plus - image
トリロジー ロザピンプラス
(20件レビュー中 5点中平均4.5)

トレチノインとハイドロキノンを塗る頻度

漂白する期間

朝と晩の2回

炎症を冷ます期間

ビタミンC誘導体とハイドロキノンのみで
朝と晩2回

ハイドロキノンとトレチノインで
Vラインの黒ずみ取り3クール目

Vラインの黒ずみ取りのための
ハイドロキノンとトレチノインの
特記事項

①トレチノインは分解が早い薬品なので、
1ケ月毎に新しいものに変える

IMG_1906-e1455902524736 - image

②トレチノインは必ず冷蔵庫で保存する

③保湿ケアをしっかりする

トレチノイン治療中は、
水分も蒸発し、乾燥します。

Vラインはデリケートな部分なので、
適切な保湿ケアをすることも
とても重要になります。

④下着は総レースにするか
柔らかい記事ものを使用する

?pc=http%3a%2f%2fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2f%400_mall%2fjunewako%2fcabinet%2f01059263%2fimg60199211.jpg%3f_ex%3d300x300&m=http%3a%2f%2fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2f%400_mall%2fjunewako%2fcabinet%2f01059263%2fimg60199211 - image

【楽天】ワコール サルート
PTJ584 ML スーパービキニ・
ボーイレングス 2970円

Amazon】ワコール サルート
BTJ340 BTボーイレングスショーツ
ピンク 3240円
ir?t=cheapandchic-22&l=as2&o=9&a=B01AJIX6D0 - image

全身ピーリングで美白した時もそうでしたが、
かゆみも若干でます!

そうすると
柔らかい生地や総レースなどソフトな生地でないと
摩擦でお肌を痛める可能性があります。

私はVラインの黒ずみ取りをしている時に
下着は総レースに変えました。

⑤トレチノインはクリームと
ジェルで効き方に差がある

016953_bihakuen01p - image
(BIHAKUEN)トレチノイン0.1%
006680_aret01 - image
トレチノインジェル(A-retGEL)0.1%

ジェルの方が同じ濃度でも効きやすく、
浸透しやすい構造です。

Vラインは特に粘膜に近く、
薬品の浸透率が高いので、副作用が強く出過ぎる可能性があります。

なので、Vラインに関しては
ジェルはお勧めしません。

Vラインの黒ずみ治療で
薬品をやめた方がよい副作用例

以下の副作用が出た場合には、
やめる方がリスクを軽減できます。

  • 痛みがとても強く出ている。
  • ところどころ血がにじんでいる。
  • ひどくしみるところが数カ所ある。
  • 赤みがひどい。

黒ずみを取る効果よりも
炎症後色素沈着でより黒ずむ可能性が高いので、
いったんやめる方がいいです。

トレチノインとハイドロキノン治療で
黒ずみを取る効果が出にくいケースとは?

トレチノインを1週間使っても
まったく赤くならない、
皮も少しも剥けない場合は
効果が上がりにくい状態です。

トレチノインの濃度が
肌質に合っていない可能性もあります。

その時は濃度を上げてみるようがよいと思います。

現在使用している
BIHAKUENのトレチノインとハイドロキノンシリーズは
返金保証制度がついています♪
016953_bihakuen_refund_336_252 - image

初めてトレチノインとハイドロキノンをされる方も
心強いですね〜

?id=1816000&seq=2 - image
美容・ビューティーランキングへ

ブログランキングに参加してみました!
クリックして応援いただけると嬉しいです♪

line88x20 - image
hatena - image
[`yahoo` not found]

コメントは受け付けていません。