トレチノインとハイドロキノン治療と医療レーザーの種類と効果の比較


0317faceup3

今回、トレチノインとハイドロキノンに出会って
本当にお肌が私は変わりました!

しかしながら、これまでは
他のものもかなり試しました。

医療レーザー治療も数々打ちました。

なので、今回は私が試したレーザーの種類と
コストとのバランスとも比較してみたいと思います。

ここでは、
トレチノインとハイドロキノン治療と
医療レーザーの種類と効果の比較を口コミ♪
について解説します。

実際に医療レーザーを
様々な種類してみました。

実際に打ってみてどうだったでしょう?
詳しい内容はページ下部でご紹介しています。

トレチノインとハイドロキノン治療と
医療レーザーの種類と効果の比較口コミ♪
(ページ下部へ)

すぐにトレチノインとハイドロキノンの
詳細を確認したい方は
以下のページからどうぞ。


>>[BIHAKUEN]ハイドロキノン4% + トレチノイン0.1%

トレチノインとハイドロキノンと
医療レーザーの種類と効果の比較

今まで試した医療レーザーの特長や効果
コストとを比較していきます。

1.タイタン

しわやタルミ、毛穴に
効果が上がりやすいレーザーでした。

しかもかなり痛いレーザーで
氷で冷やしながら打ちました。

そうでもしないと
痛みに耐えれないという状態。

その当時1回5万円くらいで、
効果が1回ではあまりわからなく、
続けるのには高すぎるので断念。

2.スキンタイトニングレーザー

たるみに効果的なレーザーです。

しかし劇的に変わるというよりも
毎月継続して打ち、

これ以上たるまないように予防する、
というスタンスでした。

1回1万円ほどで
確かに直後から肌はキュッと引き締まりました。

しかし1ヶ月ほどでほぼ元に戻ります。

たるみの予防のために
1ヶ月に1回ずつ打ち続ける必要があり、
仕事との兼ね合いで断念。

3.ルビーレーザー

皮膚科で体全体のシミを
一気に15個ほど除去しました。

しかし、レーザーで打った箇所を
毎日軟膏を塗らねばならず、

しかも1回で消えなかったりしました。

ただ、値段は皮膚科だったので、
何個でもだいたい5000円でしてくれ、
良心的な病院でした。

コストパフォーマンスはとても良かったです。

4.ポラリス

毛穴の引き締めによいとのこと。

あまりわかりませんでした。

5.医療脱毛レーザー

体毛はなくなりました。

もちろんシミのケアではないので、
お肌がすごくキレイになるわけではなかったです。

物理的に毛がなくなるので、
脱毛後の方がツルツルはしました。

6.テノール

東洋人向けに開発されたとされる
タルミ改善用のレーザーです。

温めながら引き上げてくれるレーザーで、
心地よいし、効果もありました。

クルクルと回しながら当ててくれ、
今までの中で一番気持ちいいものでした。

ただこれも1ヶ月に1回ほど必要でした。

価格もかなりお安いところで1回1万円ほど。

定期的に通えなくなり、断念しました。

7.フォトRF

こちらは顔のシミやソバカス、
キメを整えたり、毛穴の引き締めのレーザーでした。

施術後すぐに顔のくすみがとれ、
ダウンタイムもないレーザーでした。

いいレーザーでしたが、
やはり1ヶ月に1回ほど必要。

劇的に1回で
大きく変えるというタイプではなく
予防の方が適したものでした。

費用も1万円ほどかかります。

8.ピクセルレーザー
(フラクセルレーザー)

これが1番レーザーの中で効果的でした!

ドット状に肌の奥まで無数の小さな穴を開け、
ダメージを受けた細胞と
混合させることにより、
新しい皮膚に生まれ変わらせ、
肌をキレイにするレーザーです。

私は初代のものをしていたので、
キレイにはなりますが、
術後、日焼けの後のように
顔が真っ赤になり、2日位続きます。

その後、皮がどんどん捲れてきます。

その間が大変です。

こちらのレーザーは
トレチノインの作用と似ていて
お肌も本当にツルツルになりました♪

合計8回ほど顔と首に打ちました。

効果はありましたが、
ダウンタイムが目立つのと
打つときに相当痛いですww

通常の美容外科だと当時とても高価でしたが
良心的な皮膚科を見つけて
そこでしてもらったので、1回1万円ほどでした。

これまた最初2-3週間に1回を
5回ほど通うもので8回で一旦やめました。

9.フォトフェイシャル

全体的に引き上がる感じがするのと、
くすみが消えた感じがしていました。

当時まだ高価だったのと、
とにかく痛い、という感じです。

トレチノインハイドロキノンと
フラクセルレーザーは似ている

今までお試ししてきた
様々なレーザーの感覚からすると
トレチノインとハイドロキノン治療は
フラクセルにとても似ています。

ただ、違う所は施術時に痛くないこと。

ハイドロキノンを塗るので、
美白効果はトレチノインと
ハイドロキノン治療の方が高いとも思います。

それとコストパフォーマンスが全然違います。

フラクセルは当時で3-5万円くらいが相場。

それを5-6回くらいは繰り返すのが理想的でした。

となると数十万円コースとなります。

私はたまたま近所の個人の皮膚科で
お安くしてもらいましたが、

引越しをした後に困りました。

そんな値段のところは1箇所もなく、
相場が高かったです。

継続して綺麗になるまで
通う時間もコスト面でも難しい治療でした。

それから考えたら、
どんなに多く見積もりしても
トレチノインとハイドロキノン治療だと
3万円以内でした。

トレチノインとハイドロキノン
医療レーザーの種類と効果の比較まとめ

トレチノインハイドロキノン治療は
フラクセルの効能と似ています。

いろいろ試しましたが、
レーザーで効果を上げるには、
皮膚の構造上、1度皮が剥けるものの方が
結果を出しやすいと思います。

費用、時間、(皮抜けがピークの時)
総合的に考えれ、肌のスキンケア、
美白ケアはトレチノインとハイドロキノンが1番私は良かったです。

お肌のニキビ跡に悩んでいる方、
吹出物の跡に悩んでいる方
シミやソバカスに悩んでいる方
炎症後の色素沈着がある方
肌のくすみや黒ずみに悩んている方
オススメの美容方法です♪

>>[BIHAKUEN]ハイドロキノン4% + トレチノイン0.1%

さらに白く|トレチノインとハイドロキノン顔全体治療3クール目終了40日目

ハイドロキノンの治療経過の全記録一覧はこちら

トレチノインとハイドロキノンの使用方法や塗り方方法のまとめはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。