ダイエットの停滞期を脱出するために取り入れている方法


f9fa8142e3911fab2fed6a8a94d7e192_s

名前はチートデイ
だます日、という意味です。

 

やることはなんと…
ダイエットではご法度とも思える…

 

食べる!!です♪

 

ダイエットの停滞期間とは、カラダがもう飢餓状態でこのままだと生命が危ないから
次の栄養がちゃんと入ってくるまで、出来る限りの省エネ状態にして
今のカラダをキープしようとする危機管理システムが働いた状態です。

 

運動しても最小限のエネルギー消費にし、
基礎代謝も最小限にします。

 

遭難などをした方が、お水だけで数日生きていた、というのも
このシステムのおかげです。

 

ただ、ダイエット中の私達からすると
せっかくの努力がーーーーー!という感じに…

 

なので、故意的にこのシステムを解除するというのが
今日ご紹介する方法です。

 

ボディービルダーの方などはこの方法を使って、
カラダを絞ったりもしています。
日本ではあまり知られていませんが、アメリカではポピュラーな方法です。

 

栄養入ってくるから大丈夫だよーってカラダにわからせて、
省エネモードから代謝を向上させ、
停滞期を脱出し、ダイエットを加速します。

 

 

具体的な方法

7〜14日に1日で、思いっきり量を食べます。
食べるカロリー目安は体重×40〜45kcalほど。
なるべくトレーニング後の方がいいです。

 

理由

 

  • レプチン(肥満抑制、体重増加を抑えるホルモン)の低下を防ぎます。
    停滞期にカラダにおこっているからです。
  • 代謝を向上させ、筋肉量も増えやすくなります。
  • 甲状腺ホルモンの分泌低下を防ぐ
    (代謝向上、筋肉を作りやすくする)
  • コルチゾールホルモン分泌を抑える(分泌すると体脂肪をためやすくなるものです。)
    低カロリーで分泌が上がるので、高カロリーの食事で分泌を抑える

 

 

頻度(現在の体脂肪により、異なります。)

  • 37〜40%以上の方 なし
  • 22%〜25%の方 2週間に1回
  • 17%〜28%の方 10日に1回
  • 10〜15%の方 3〜4日に1回
    (女性の場合)

 

男性の場合はここから体脂肪の%を2〜5引いた数値が目安です。
めちゃくちゃ厳密にする必要はなく、だいたいでいいです。

 

チートディを行うのに適応する方

 

  • 普段ダイエットをしていて、食事のコントロール、
    運動を継続してがんばっている方。
  • なおかつカロリーをきちんと管理している方。
  • それでも減らなくなっている方。

 

行う場合のポイント

 

  • なるべく1日の早めの時間に。
  • 食べる量を増やす事を意識する。
  • ジャンクフードはバツ。
  • 連続して行わない。
  • 中途半端に、行わない。
  • 1度行うと1.2キロは増えます。
    その後3日後位から減りやすくなります。
  • 翌日から、しっかり通常のダイエットに戻す。

 

もし、あまりに停滞期が続き、凹みそうになってるなら、
停滞期脱出に効果的です。

ただ女性の場合はホルモンのバランスによっても
むくみが出やすい、いつもがんばれることががんばりにくい時期、
食欲がやたらと出る時期、などなどあります。

その辺りの詳しいお話もアップしていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。