全身のシミ•美白ケア|効果とダウンタイム別ランキング|おさえるべき5つのポイントまとめ


16391794_m

シミや美白ケアをするのに
医薬品と化粧品で大きく違いがありました。

求める効果によっても
選ぶものも違えば
ダウンタイムも違います。

自分にあったケアを選んでいますか?

美白化粧品や医薬品の有効成分
ダウンタイムの目安
美白ケアを選ぶ時に
おさえるべきポイント
まとめました。

icon-point1-1-r化粧品と医薬品などの
違いについて

icon-point1-2-rできたシミの種類を知る

icon-point1-3-rシミのできるメカニズム

icon-point1-4-r美白有効成分のまとめと
それぞれ成分の効果の出る箇所

icon-point1-5-r効果とダウンタイムの目安
を知り、自分の求めるものを選ぶ

化粧品と医薬品、医薬部外品の
違いとは?

14729124_m
スキンケアに使うものは「薬事法」
により、分類されています。

「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」
のどれかに分類されます。

それにより効果・効能の範囲が
はっきりしています。

医薬品

病気の「治療」を目的としたお薬。

厚生労働省より配合されている
有効成分の効果が認められたもの。

ドラッグストアで
購入できるものもあれば
医師の処方が必要なものもあります。

医薬部外品

厚生労働省が許可した効果・効能に
有効な成分が、一定の濃度で
配合されているもの。

医薬品に準ずるもので、治療ではなく
予防に重点をおいてるもの。

「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」
など、効果のある有効成分が
配合されているのでその効果が
期待できるもの。

「薬用=医薬部外品」

化粧品

医薬部外品と比較すると効能・効果が
緩和なもの。

清潔にする、美化する、魅力を増す、
健やかに保つなどの目的で
使用されるもの。

今できているシミはどんなシミ?

15994630_m

シミや美白ケアをするのには
今できているシミを知るのも
大切になります。

シミの種類によって
有効な方法が違います。

シミの種類は約8種類ほど。
そのうち大まかなものが
最初の4つです。

レーザー治療が
向いているものもあれば
お化粧品でも可能なものもあるので、
シミの状態を見てみてください。

老人性色素斑

浴び続けた紫外線により、
時間の経過により現れてくるもの。

薄茶色で輪郭がはっきりとしている。

顔、腕、手の甲デコルテにできやすい。

一般的にシミというと老人性色素斑が
よくあてはまる。

icon-check3-rレーザー治療や
トレチノインとハイドロキノンの
塗り薬が効果を得られやすい。

icon-check2-r美白化粧品でも
多少の改善は期待できる。

肝斑

左右対称にほぼ同じ形、
大きさで現れることが多い。

妊娠や経口避妊薬の服用で
できることもあるので、
女性ホルモンとのかかわりも
指摘されている。

トラネキサム酸を用いた
内服薬が有効と言われている。

一緒にビタミンCの内服も
有効とされている。

icon-check3-r効果がない場合
レーザー治療や

トレチノインとハイドロキノンの
塗り薬、
ルミキシル(クリニック専売化粧品)
も用いられる。

 

ソバカス

先天的なものと、
後天的にできるものとがある。

目元まわりや、頬の上部に
散らばるようにしてできる茶色い斑点。

icon-check3-rレーザー治療や
トレチノインとハイドロキノンの
塗り薬が有効。

美白化粧品でも対象の改善が期待できる。

遅発性両側性
太田母斑(おおたぼはん)

目の周りによくできてくる
灰色がかった淡青褐色のアザ。

皮膚の奥深くの真皮にできるアザ。

icon-check3-r美白化粧品などでは効果が出ず、
レーザーでの治療が必要。

脂漏性角化症
(しろうせいかっかしょう)

イボ状に盛り上がったシミ。

icon-check3-r美白化粧品などでは効果が出ず、
レーザーでの治療が必要。

炎症性色素沈着
(えんしょうせいしきそしんちゃく)

皮膚の炎症が発生した後、
色素が沈着して起こるシミ。

icon-check2-r美白化粧品などでも
消しやすいシミ。

摩擦黒皮症
(まさつこくひしょう)

皮膚が繰り返し摩擦による刺激を受け、
メラニン色素が皮膚に沈着し、
シミのように黒ずむこと。

icon-check2-r美白化粧品などでも
改善が期待できる。

花弁状色素斑
(かべんじょうしきそはん)

海水浴などで長時間日光に当たり、
ひどい水ぶくれができたあとに
背中や胸に残る、
黒色や茶色のしみ。

icon-check3-rレーザー治療や
トレチノインとハイドロキノンの
塗り薬が有効。

icon-check2-r美白化粧品などでも
多少改善が期待できる。

 

しみができるメカニズムとは?

skin-3

紫外線を浴びると
メラノサイトに信号が送られます。

メラノサイトはすぐに
メラニン色素を作ります。

メラノサイトは
基底細胞に囲まれています。

基底細胞は新しい細胞を
うみだします。

基底細胞を紫外線の害から
守るため、
メラニン色素がとどまり、
天然の日傘のような
役割をし細胞を守ります。

本来はターンオーバー
によりメラニンは排出されます。

しかし、一部の細胞が
メラニンの排出が
うまくできなくなります。

メラニンが色素が作られ
続けることがあるようです。

これがシミの正体です。

ターンオーバーがくり返されても
メラノサイトにスイッチが
入っているため、つねに
シミがある状態になるのです。

参考】皮膚科専門医が教える
    やってはいけないスキンケア
    著 檜垣祐子

ではなぜシミがそこに
居続けるかは説がいろいろあり
いまだにわかっていない
ようです。

美白有効成分まとめ

ハイドロキノン


イチゴやブルーベリー、コーヒーなどにも
入っています。

皮ふを紫外線からまもる作用
があります。

アメリカでは医薬品として
その美白効果が認められています。

メラノサイト
(メラニン色素を作る細胞)の数を
減少させます。

日本では化粧品に2%までの配合が
厚生労働省より
許可されています。

病院で購入する場合は
2%以上のハイドロキノンは
処方が必要となります。

美白成分の、アルブチンなどに比べ
約100倍の効能があるといわれています。

トレチノイン


ビタミンAの一種。

表皮の奥にあるメラニン色素を
外に出す働き。

ターンオーバーを2週間程度に
速めるような働きをします。

もともと血液中に、
誰でもごく微量に流れているもの。

アレルギー反応を起こしません。

アメリカではしわ・にきびの
治療医薬品として、
FDA(アメリカ食品医薬品局)
に認可されています。

 

ルミキシルペプチド
(医薬品ではありません)


米国スタンフォード大学の
皮膚研究者により開発された新成分。

現在ある美白剤で最強と
言われています。

チロシナーゼの活性化を
防ぎます。

ハイドロキノンの17倍も
チロシナーゼを
抑制します。

非刺激性・非毒性で
長期使用が可能です。

トレチノインや
ケミカルピーリングで
相乗効果も。

炎症後色素沈着の
予防効果。

レーザーや光治療と
併用できます。

ハイドロキノンとの違いは
メラノサイトの数を
減少させない点です。

 

厚生労働省の認可の美白指定成分
(医薬部外品)

  • ビタミンC誘導体(水溶性)
  • 脂溶性ビタミンC誘導体(油溶性)
  • 新型ビタミンC誘導体(APPS)
  • エラグ酸
  • コウジ酸
  • カミツレエキス(カモミラET)
  • アルブチン(α-アルブチン・
    β-アルブチン)
  • プラセンタエキス
  • トラネキサム酸
  • マグノリグナン
  • ルシノール
  • リノール酸S(リノレックS)
  • 4MSK
  • エナジーシグナルAMP
  • D-メラノ(TM)
  • t-AMCHA
    (t-シクロアミノ酸誘導体)
  • TXC
    (トラネキサム酸セチル塩酸塩)
  • 油溶性甘草エキス
    (甘草エキス、カンゾウ根エキス)

 

美白成分とそれぞれの成分が
効果が出る箇所

9195347_m

シミができる順番と
有効成分

メラノサイトへメラニンを作る
信号を出すのを防ぐ成分
  •  カミツレエキス
    (カモミラET)
  • トラネキサム酸
  • t-AMCHA
    (t-シクロアミノ酸誘導体)

icon-arrow4l-gr-b

チロシナーゼの活性化を
さまたげる成分
(メラニン色素を作るのを防ぐ)
  • ルミキシルペプチド
  • ハイドロキノン
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • コウジ酸
  • プラセンタエキス
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • トラネキサム酸
  • 油溶性甘草エキス(グラブリジン)
  • TXC
    (トラネキサム酸セチル塩酸塩)

icon-arrow4l-gr-b

チロシナーゼが成熟するのを
さまたげる
  • マグノリグナン
  • リノール酸

icon-arrow4l-gr-b

メラニン色素を表皮細胞へ
受け渡さないようにする
  • D-メラノ(TM)

できたシミに対する効果

メラニン色素の色を薄くする
  • ハイドロキノン
  • ビタミンC誘導体
メラノサイトの機能を低下させる

メラニンを作る細胞の働き
を低下させます。

  • ハイドロキノン

求める美白ケアの選び方やポイント

19730560_s

icon-check-b-r医薬品か医薬部外品か
化粧品で美白するのか?

医薬品は治療を目的
としたお薬です。

その分効果も期待できます。

ですが、成分によっては
アレルギー反応が出る場合も
あります。

パッチテストをすることで
安心して使用できます。

医薬部外品
医薬品に準ずるもの。

治療とまではいかなくても
予防レベルの効果は期待できます。

化粧品
上記2つとまでは期待できませんが、
厚生労働省で認可されている成分
もあります。

個人差がありますが一定の効果を
期待できるレベルです。

 

icon-point-b-r医薬品を使う場合は
パッチテストをする

2013-08-06 13.17.00-2

ハイドロキノンは
アレルギー反応を起こす
可能性があります。

トレチノインは
ビタミンA(レチノール)の誘導体です。

トレチノインは、誰でも
血液中にごく微量流れているものです。

トレチノインは
抗原抗体反応を起こしたり、
アレルギー反応を起こすことは
ないと考えられています。

体調により反応が出る場合も
あるようです。

ハイドロキノンの使用は
パッチテストをして
使用することをオススメします。

icon-arrow4m-p-b
ハイドロキノンのアレルギー反応の指標

 

icon-point-b-r化粧品は美白有効成分を
中心に低刺激タイプから試す。

10677429_s

化粧品の場合は
炎症や酸化(肌機能を低下)
を防いでくれる成分や、
美白有効成分を中心に
まずは探します。

そして、
アルコール・合成香料などの
余分な添加物が入っていない、
低刺激タイプも考慮します。

医薬品であれば治療目的レベル
ですので、化粧品とは違い
一定レベルの効果は期待できます。

しかし、化粧品となれば
個人差があります。

有効成分の指定があるとはいえ、
それぞれの肌質、生活スタイル、
食べ物によっても
効果の感じ方は変わります。

まずは有効成分を見ながら
低刺激なものからお試しを
オススメします。

 

icon-point-b-r紫外線の対策を徹底する

7297299_s

紫外線UV-Aは年中変わらず
降りそそいでいます。

日焼けをおこすUV-Bは
3月頃から増え始めます。

となるとほぼ年中
紫外線に対するケアが
必要となります。

せっかくした美白効果を
あげるためにも
さらにメラニンを作らない
ためにも年間通してケア
必須です。

icon-arrow3-p全身・顏の紫外線対策について

 

icon-point-b-r美白に相乗効果が望める
サプリメントや食品もとり
カラダの内側からのケアもする

9023038_s

ビタミンC誘導体サプリメントを併用する
ビタミンCの効果
  • 美白・美肌効果
  • ガンの予防
  • 糖尿病の予防と治療
  • 心臓病・脳卒中・高血圧症・高脂血症の予防と治療
  • 免疫強化(カゼ予防)
  • ぼけ防止
  • 貧血予防
  • アルコールの分解を助ける
  • タバコの毒性を無毒化

【出典】ビタミンC誘導体など製造会社
株式会社アスコルバイオ研究所
icon-arrow3-p持続性ビタミンC誘導体サプリについて

トラネキサム酸の併用

(血液が溶けにくくなるため
服用の薬がある場合は医師に相談)
肝斑の治療によく使われます。
ルミキシルとの相乗効果も。

美白や抗酸化効果が期待できる成分
icon-check2-rビタミンC

メラニンを還元する作用。
レモンやオレンジなどの柑橘類、
トマト、パプリカ、アセロラ、
緑黄色野菜、など。

icon-check2-rビタミンE

若返りのビタミンと言われます。
くるみ、アーモンドなどのナッツ類、
アボガド、えごまなど。

icon-check2-rβ-カロチン

体内でビタミンAに変化。
目や粘膜などの機能を保つのにも
役立つ成分。

にんじん、かぼちゃ、
ブロッコリーなど。

icon-check2-rL-システイン

代謝を促進。
メラニンの生成を抑えます。

できたメラニンの排出を助けます。

大豆、小麦胚芽、蜂蜜
豚肉、しゃけなど。

icon-check2-rリコピン

抗酸化力に優れた成分。

トマト、スイカなど。

icon-check2-rアスタキサンチン

高い抗酸化作用があり、
メラニンを抑える効果もあります。

サーモンやエビ、カニ、
いくらなど。

icon-check2-rエラグ酸

抗酸化力が高く、
メラニンを抑える効果もあります。

ざくろやイチゴ、ラズベリーなど
ベリー系の果物など。

美白ケア•ダウンタイムと成分別使い方ランキング

 

ランキング 商品名
医薬品
医薬部外品
化粧品
ダウン
タイム

有効
成分

icon-ranking2-1
ルミキシル
シリーズ
icon-star5-5

ルミキシル
ブライトニング
セット
(グリコピール20)
化粧品
 なし
長期
使用可
ルミキシル
ペプチドbutton4-2
icon-ranking2-2
トレチノイン
ハイドロキノン
ビタミンC
誘導体
化粧水
icon-star5-4

スティーバA
0.1%(25g)
スティーバA
0.05%(25g)

ハイドロキノン4%

ビタミンC
誘導体(APPS
1%化粧水
50ml作成キット
医薬品
化粧品
1-3
週間個人差
あり
トレチノイン
button4-2ハイドロキノン
button4-2ビタミンC
誘導体
button4-2
icon-ranking2-3
ハイドロキノン
ビタミンC
誘導体
化粧水
icon-star5-4

ハイドロキノン4%

ビタミンC
誘導体(APPS)
1%化粧水
50ml作成キット
医薬品
化粧品
なし
アレルギー
パッチ
テスト
必要
ハイドロキノン
button4-2
ビタミンC
誘導体
button4-2
icon-ranking2-4
ビタミンC
誘導体
化粧水
ビタミンC
誘導体
美容液
(成分調整可)
icon-star5-3

ビタミンC
誘導体(APPS
1%化粧水
50ml作成キット

新処方
アルブチン入り
パワーC美容液
(エッセンスPC)
30ml
化粧品
 なし手持ちの
化粧品と
併用可
ビタミンC
誘導体
button4-2
アルブチン
button4-2
icon-ranking2-5
ルミキシル
ブライトニング
クリームのみ
icon-star5-3

ルミキシル
ブライトニング
クリーム
化粧品
 なし
手持ちの
化粧品と
併用可
 ルミキシル
ペプチド
button4-2

各製品の詳細は以下の通りです。
icon-ranking1-1ルミキシル
ブライトニングセット
(グリコピール20)

ルミキシル
ブライトニング
セット(グリコピール10)

icon-point1-1-r米国スタンフォード大学の
皮膚研究者により開発された新成分。
ルミキシルペプチド配合。

icon-point1-2-r低刺激で敏感肌の方でも可能。

icon-point1-3-r医療機関の定番美白クリームの
ハイドロキノンの17倍のシミ抑制力。

icon-point1-4-rトレチノインのように
皮剥けがない他、高濃度グリコール酸による
ピ−リング効果でターンオーバーを促進。

icon-point1-5-r他の施術、ケミカルピーリングや
レーザー治療とも併用可。

icon-point1-6-rトラベルセットもあり、
気軽にシリーズ使いでお試しできる。

 

オススメ度 価格 内容量 形態
icon-star5-5 4156円 ブライトニング
クリーム9ml
アクティブ
クレンザー9ml
グリコピール
20ローション9ml
モイスチャー
ロック
サンスクリーン9ml
トラベル
セット

button2

 

 

icon-ranking1-2トレチノイン
ハイドロキノン
+
ビタミンC誘導体化粧水

icon-point1-1-rFDA(アメリカ食品医薬品局)
認可製品

icon-point1-2-r表皮の奥にあるメラニン色素を
外に出す働き。

icon-point1-3-r医薬品なので、効果を期待できる。

icon-point1-4-rトレチノインは
ビタミンA(レチノール)の誘導体
でもともと血液中に、
誰でもごく微量に流れています。

アレルギー反応を起こしません。

icon-point1-5-rハイドロキノンは
アメリカでは漂白目的で使われる
美白剤の定番。

肌の漂白剤と呼ばれ、
できたメラノサイトの数を
少なくする効果もある。

icon-point1-6-r両方の薬品をそろえても
医薬品の割には比較的安価。

オススメ度 価格 内容量 形態
icon-star5-5 7565円
(トレチノイン1本
ハイドロキノン2本)
トレチノイン
25g
ハイドロキノン
20g
クリーム
化粧水

トレチノインの
button2

ハイドロキノンの
button2

ビタミンC誘導体化粧水の
button2

 

さらに使った詳細を確認したい方は
以下をチェックしてください。
icon-arrow3-pトレチノインとハイドロキノン治療|効果経過体験記

ビタミンC誘導体(APPS) に
ついての効能は
以下に詳しく記載しています。
icon-arrow3-p最新型ビタミンC誘導体APPS効果まとめ
icon-ranking1-3ハイドロキノン
ビタミンC誘導体化粧水(APPS)

icon-point1-1-r水溶性と脂溶性の両方の性質を
あわせもつビタミンC誘導体(APPS)

即効性と持続性がある。

icon-point1-2-rハイドロキノンとの
相乗効果が期待できる。

icon-point1-3-r皮がむけたりなど
ダウンタイムがない。

icon-point1-4-rかなり安価で揃えられる。

トレチノインとの併用に比べると
美白効果は少し落ちる。

オススメ度 価格 内容量 形態
icon-star5-4 4349円 ハイドロキノン
20g
ビタミンC
誘導体化粧水
50ml
クリーム
化粧水

button2

 

最初にお伝えした、
icon-point1-1-r化粧品と医薬品などの
違いについて

icon-point1-2-rできたシミの種類を知る

icon-point1-3-rシミのできるメカニズム

icon-point1-4-r美白有効成分のまとめと
それぞれ成分の効果の出る箇所

icon-point1-5-r効果とダウンタイムの目安
を知り、自分の求めるものを選ぶ

の5つのポイントをしっかり
抑え、いろんな方面からみて
自分にあう、美白ケアをして
いきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。