メラニン色素を消す方法|手軽にできる美白方法のまとめ


16391794_s

UV-Bがしばらく少ない季節がやってきました♪

UV-Bとはにっくきシミの原因になる紫外線…

まぁかといってたるみの原因になるUV-Aは
年から年中降り注ぎ油断もすきもありません!

美容は1日にしてならずw

メラニン色素=
シミの原因消すための対策4つ

4280549_s

icon-check3-r1.やはり紫外線予防

お肌の老化は光老化80%とも言われる紫外線の影響。

「冬になったから大丈夫〜♪」
何て思っていませんか?

紫外線を甘くみてはいけません!

冬の間は確かにシミの直接的な原因になる
メラノサイトを刺激するUV-Bは少なくなります。

UV-B

参照:東海大学総合科学研究所調べ

しかし!なくなるわけではありません。

1/5ほどとはいえ、UV-Bも降りそそいでいます。

ちなみに36歳の私にとっては
最も恐れているたるみの原因
しかも間接的にはシミにもなるUV-A!

UV-Aは冬でもかなり降り注いでいます…

UV-A

参照:東海大学総合科学研究所調べ

ちなみにUV-Aは活性酸素を発生させる紫外線です。

UV-Aは真皮で免疫細胞を刺激し炎症を起こします。

活性酸素の発生を促し、
活性酸素が発生するとメラノトロピンが分泌され、
メラニンが作られます。

残念ながら紫外線は浴びた量が毎年蓄積されています。

メラニン色素を消すためには
今後作られるメラニンをできないように予防することが必須!

そのためには冬でも
日焼け止めをこまめに塗りなおすことが重要になります。

こまめに塗り直すのに便利なミネラルパウダーファンデーション。

ミネラルパウダリーファンデーション
>>石鹸で落とせるミネラルパウダリーファンデーション

新規会員登録ポイント、ラインお友達登録で
最安で送料無料2000円以下で手に入ります♪

どこでもすぐに塗り直せて
パウダーファンデーションタイプは重宝します。

日焼け止めで黒い服が真っ白!
なんてアクシデントもありません。

私は支度を急ぎ、手についた日焼け止めで
黒い服を真っ白にすることがよくあります…

その度また手間がかかります。。。

パウダーだと手につかないので、
紫外線ケアが簡単にできます♪

SPF(UV-Bの予防数値)PA(UV-Aの予防数値) は
高ければ高いほどいいというわけではありません。

あまり数値が高すぎても
お肌の負担になる場合もあります。

一般的にはSPF30まで
PAは+++ほどが刺激が強すぎず、
紫外線カット効果があると言われています。

アウトドアなどに出かけた場合を除き、
日常紫外線をカットするのにはそのくらいの数値が向いています。

icon-check3-r2.たるみにもなる!活性酸素の除去

20081488_s

「ストレスはお肌に大敵よね!」

美容マニアのあなたなら
とっくにご存知のことかと思います。

そしてその通り!

ただまぁ何がよくないのかというと
活性酸素を発生させてしまうわけなのです…

活性酸素が発生すると、
活性酸素を取り除くために
メラノトロピン(メラノサイト刺激ホルモン)が分泌されます。

メラノトロピンが分泌されるとメラニンが作られます。

活性酸素、おそるべし。

活性酸素が発生する他の要因は
以下のようなものも。

icon-check-b-r活性酸素が発生する原因

45130592_s

  1. タバコ
  2. 飲酒
  3. 電磁波
  4. 環境汚染された空気を吸う
  5. 食品添加物
  6. 便秘
  7. 激しすぎる運動
  8. 睡眠不足

結局のところ、
お肌をきれいにするのも美白対策をするのも
同じですね〜。

ということで
活性酸素はしっかり予防、除去していきましょう!

活性酸素対策には
今のところ水素を摂取するのも1つ。

しかしながら、水素水の場合は
濃度がポイントとなり、
通常は生成されて時間がたつと水素がぬけていきます。

普段私は作りたての水素水、
水素吸入にて毎日水素を摂取しています。
今は手軽に吸引できるものも発売されているようです。




>>ポータブル水素吸入キット

水素水の作りたてを飲むのが難しい場合は
こうした簡易水素吸引機で摂取するのも効率的かもしれません♪

icon-check3-r3.吹き出物の予防をする

5627619_s

なんとまぁ、
吹き出物はできるとテンションが落ちる影響だけでなく、
メラニン色素をつくる原因にも!

皮膚に吹き出物などの炎症が発生すると、
皮膚がダメージを回復するために、新しい細胞を作ろうとします。

そうするとメラノサイトも一緒に活性化してしまいます。

メラノサイトが活性化すると
メラニン色素が作られ、シミの原因になります。

皮膚が炎症を起こす原因は他にも。

icon-check-b-r皮膚の炎症の原因

  1. 皮膚の摩擦
    (摩擦黒皮症)
  2. あわない化粧品
  3. やけどや傷
  4. かぶれ
  5. 日焼け

それには皮膚の炎症を防ぐのが最も大事。

化粧品などの外からのケアだけでなく
体の内側からケアをし、
炎症がおこらないように予防していくことも必要ですね!

icon-check3-r4.体内の糖化の防止

22674760_s

体内が糖化してくると
お肌のターンオーバーが遅くなります。

ターンオーバーが遅くなると、
メラニン色素も排出されにくくなります。

体内が糖化するというのは、

身体の中でタンパク質と余分な糖が結びつき、
AGEs(終末糖化産物)を生成することをいいます。

AGEsの蓄積は肌や髪、骨など全身の老化を進行させ、
真皮層に蓄積されると徐々に肌の色まで変化します。

icon-check-b-r体内にAGEsがたまりやすい生活か
簡単に調べる12個の質問

  • 食事は15分以内に食べる
  • 朝食を食べない
  • 定食は、白いご飯で
    まず主食から食べる
  • 野菜はほぼ食べない
  • パンや麺類など小麦製品をよく食べる
  • 甘いものや甘い飲み物をよくとる
  • 腹10分目以上食べる
  • 飲んだ後によくうどん、ラーメンなどの
    麺類を食べる
  • ストレスが多い
  • 週に1回以上運動をしない
  • 揚げ物を1日1回以上食べる
  • 炒め物を1日1回以上食べる

多ければ多いほど糖化リスクが上がります。

icon-point-b-r糖化を防ぐ11つの生活のポイント

  1. 高温で調理したものは控える
    (焼き物、揚げ物)
  2. 食事は20分以上かけて食べる
  3. 朝食は抜かない(1食6時間おきくらいに食べる)
  4. 血糖値が緩やかに上がる食べ物を多くす食べる
  5. 食事は食物繊維の多いものから食べる(まずは野菜から)
  6. 小麦製品を摂り過ぎない
  7. 腹6分目にする
  8. ストレス解消法を見つけておく
  9. 週に2回以上1回30分以上の運動をする
  10. 抗酸化物質を摂取する
    (水素、ビタミンC、E、
    カロテン、ポリフェノールなど)
  11. 抗糖化物質を摂取する
    (ハーブ類、米ぬかなど)

メラニン色素を消す方法まとめ♡

メラニン色素って特別なことをしないと
消せないというイメージでしたが、意外なこともありますね!

お肌の本来の機能を回復し、
メラニンを排出することでずいぶん対策も可能♪

あぁやっぱりめんどうなのね、
という意見も聞こえそうですが…

せっかくなので、
1つでも習慣に取り入れてみてはいかがでしょう♡

icon-arrow3-p私が全身ピーリングをし
一気に美白したトレチノインと
ハイドロキノンの体験記はこちら
トレチノインとハイドロキノン治療効果体験記

icon-arrow3-pビタミンCを見直した!
ダウンタイムもないハイドロキノンでの
美白ケア体験記はこちら
ハイドロキノンのみとビタミンC誘導体で全身美白の効果経過記

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。