トレチノインクリームBIHAKUENの後に塗る専用のナイトクリームの全成分分析


night4

今回はトレチノインクリームの
の新シリーズ、BIHAKUENの
トレチノイン後の専用ナイトクリームの全成分分析です♪

見た目はほぼ同じです笑

内容見ると、しっかり昼用と夜用で
違いますね〜!

夜寝ている間にお肌がよりハリを持ち、
綺麗に修復されるように構成されていました♡

>>(BIHAKUEN)ナイトクリーム

BIHAKUENのトレチノイン後の
専用クリームの全成分分析

night1

BIHAKUENナイトクリームの全成分
(内容量の多い順)

ペンチグリコール

ペンチグリコールとは、多価アルコールです。

抗菌作用や保湿効果があり、さっぱりとした感触です。

パラベン等の防腐剤を減らしている製品に配合され、
低刺激で安全性も高い成分です。

アロエベラ(アロエベラ)

アロエベラには抗菌作用があり、
その他にも以下のような成分と効能が含まれます。

アロエシンが抗菌作用、美肌効果を持ち
アミノ酸類や有機酸類、ミネラル類も
美肌効果やメラニン色素の形成を阻害する作用を持ちます。

酵素類は抗炎症作用もあります。

グリセリン

グリセリンは水に溶けやすく、
保湿剤の中では感触が重い成分です。

グリセリンは水分を外から取り込み、保湿します。
お肌をやわらかくする効果もあります。

吸湿性から角質層に潤いも与え、
肌荒れを防止する効果も期待できます。

カプリル酸/カプリン酸トリグリセリド

カプリル酸とカプリン酸の混合脂肪酸、
グリセリンから合成された
トリグリセリドです。

トリグリセリドとは油脂の1種です。

皮膚の保護成分、形成成分として配合しています。

カプリリルメチコン

合成ポリマーです。

炭化水素油とジメチコンの
中間的な感触を有するシリコーンオイルです。

軽い感触で少し蒸発しやすいため、
さっぱりとした感触を得られやすいです。

レシチン

細胞に必要な栄養や酸素を吸収し、
細胞内に取り込みます。

不要な物質や老廃物を排泄する働きもしています。

細胞の老化防止やお肌細胞を正常に保ち、
シミやそばかすを予防する効果もあります。

各細胞への栄養補給をしたり、
新陳代謝も促進するのでお肌の正常なターンオーバーにも役立ちます。

セテアレス-20

合成の界面活性剤です。

D-ソルビトール

多価アルコールの一種です。

保湿したり、お肌を柔らかくする効果があります。
自然界に元から存在する成分で、
口に含んでも粘膜の刺激もない、安全性が高い成分です。

ブチロスパーマム·パーキー(シアバター)

天然由来の植物性油脂で、
乾燥肌対策に役立ちます。

人の皮脂と似た成分で構成されており、
お肌にとても馴染みやすく
保湿効果が長時間続きます。

ジメチコン/ビニルジメチコン
クロスポリマー

シリコーン系の油性の皮膚をやわらかくしたり、
水分蒸散を抑えてうるおいを保つ成分で、
さらさらとしたシリコーン特有の感触です。

粘性の低いものからペースト状のものまであります。

エンドウマメ(エンドウ豆)エキス

エンドウ豆にはビタミンB群のほか、
ビタミンCも含まれます。

ビタミンB2との相乗効果で美肌効果があります。

ビタミンCは、シミやそばかすの原因となる
メラニン色素を生み出すチロシナーゼという酵素の働きを阻害します。

ビタミンCにはコラーゲンの産生を促進したり、
肌のしわを防ぐ効果や
傷ややけどの治りを良くします。

エンドウ豆にはビタミンC、ビタミンB群、
抗酸化力の高いビタミンEも多く含まれ、
美肌効果が期待できます。

ヒドロキシエチルセルロース

植物から抽出した天然植物繊維
(セルロース)から作られています。

液体の粘性を調整するほか、
皮膚の表面に保護膜を作り、お肌を守るのに役立ちます。

安全性が高い成分です。

グルコサミンHCl

グルコサミン塩酸塩です。

グルコサミンは体内でグルコースから作られるアミノ酸の一種です。

保湿剤として使われます。

ウィローバーク

自然のサリチル酸を含んでいるハーブで、
肌細胞のターンオーバーを促進するのに役立ちます。

カメリアシネンシス(緑茶)

抗菌作用や消臭作用
抗アレルギー対策に役立ちます。

スクワラン

スクワランはべとつきがない油性成分です。

非常にサラサラとした粘性の低いオイルで、
すばやく肌に吸収されます。

スクワランはお肌に吸収されるときに
酸素や栄養分をお肌の中に取り込みます。

栄養や酸素を取り込むため、
お肌の新陣代謝も促進します。

スクワランは天然成分で、
お肌のトラブルもほとんどありません。

酸化や変質する心配もなく、
安全性も高い成分です。

水仙エキス

保湿剤として使われています。

ホウライチクリーフ/茎エキス

蓬莱竹という竹の一種のエキスです。

おそらくですが…他の種類の竹の効能から引用しました。

毛穴を収斂した清潔な状態に保ち、
ニキビや炎症などを防いだり、柔らかい肌へ整えます。

セラミド3

皮膚の水分の蒸発を防いだり、
紫外線などの外部からの刺激からお肌を守ります。

特にセラミド3は水分保持機能と、
深いシワを軽減する機能があります。

メラニンの合成を抑え、
シミやそばかすを防ぐ美白効果もあるといわれています。

酢酸トコフェロール(ビタミンE)

肌荒れ防止成分で合成ビタミンEです。

血行を促進し、肌荒れやニキビ、
シミやそばかす防止に役立ちます。

NMF(天然保湿因子)です。
抗酸化作用も高くホルモンバランスを整える作用もあります。
安全性も高い成分です。

ヒアルロン酸

お肌の潤いを保ち、
ハリと弾力のある肌作りに役立ちます。

ヒアルロン酸は、お肌のハリの元
コラーゲンとエラスチンの間を
埋めるような形で存在しています。

水分を保つことによって、潤ったハリのある肌へと導きます。

キサンタンガム

肌表面で保護膜を作る効果があり、
とろっとしたテクチャー作りに使われます。

保湿に役立ちます。

EDTAナトリウム

品質を劣化させない成分です。

殺菌や酸化防止の効果があり、
製品の品質を保持の役割です。

フェノキシエタノール

玉露の中で常温で気体となる成分として
発見されたものです。

抗菌効果・抗菌作用があり、
防腐剤としての役割もあります。

トレチノインクリームBIHAKUENの
後に塗る専用のナイトクリームの
全成分分析まとめ

night3

ナイトクリームは夜につけるので、
寝ている時にお肌がしっかり回復する構成でした。

アロエベラ、エンドウマメエキス、
ペンチグリコール、ホウライチクリーフなどで
炎症がひどくならないような成分が配合されています。

フェノキシエタノール、
カメリアシネンシス(緑茶)、アロエベラで
抗菌作用を促進しています。

レシチンとスクワラン、
酢酸トコフェロールが血行を促進し、
お肌のターンオーバーをサポートしています。

カプリル酸/カプリン酸トリグリセリド
グリセリン、シアバター、
酢酸トコフェロール、ヒアルロン酸、
キサンタンガム、セラミド3,
水仙エキス、ヒドロキシエチルセルロース
グルコサミンHCIなどがお肌を乾燥しないように
保湿をサポートしてくれています。

夜寝ている間中、特に乾燥しないようにするため、
保湿成分もたっぷりですね♪

他の方の使用した口コミはこちら


>>(BIHAKUEN)ナイトクリーム

BIHAKUENのトレチノインシリーズは
現在返金保障付きです。


美容・ビューティーランキングへ

ブログランキングに参加してみました。
クリックして応援くださると嬉しいです♪


“トレチノインクリームBIHAKUENの後に塗る専用のナイトクリームの全成分分析” への2件のフィードバック

  1. 名無し より:

    ナイトクリームを買おうかと思うのですが、ナイトクリームは夜にしか使用したらだめなのでしょうか?
    デイクリームは朝用ナイトクリームは夜用とサイトで見たのですが、両方買うと高額でどちらかだけにしようかと思っているのですが、主さんは両方買いました?

    • COCO COCO より:

      名無しさん、返信ありがとうございます(*’-‘*)♪

      私は両方購入しています(*’-‘*)
      どう違うのか試したいのもありましたし。

      デイクリームはUVも入っているので、
      トレチを使っている人のお昼向きの成分構成でした。

      デイクリームだけで日焼け止めを別で塗らなくてもいいようにできていました!

      ナイトクリームでも朝使えると思いますよ〜^^

      ただ、その後に日焼け止めを塗る必要があると思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。