実験で平均コラーゲン206%増|自宅でするダーマローラー効果について

line88x20 - image
hatena - image
[`yahoo` not found]

2014-06-03-00.04.06-225x300 - image

 

写真はカーソルをあわせて
クリックするとアップして見れます。

トレチノインとハイドロキノン治療で
お肌はキレイになってきました。

しかし、20代の頃に比べ、
少しずつ出てきたお肌のたるみが
とっても前から気になっていました。

自宅でするダーマローラー効果について

ダーマローラの原理とは
どういうことなのかまとめてみました。

傷を治す過程で
自分のコラーゲンを増やす方法

美容外科の治療などで見ると
血小板療法なども治療方法の1つとして上げられています.

このダーマローラーは
かなり前からある治療方法の1つ。

極細の医療用の針が
たくさんついたローラーを肌で転がし、
肌に小さな穴をたくさんあけて、
肌に炎症を起こさせるものです。

肌の傷を治すプロセスで
様々な化学物質(サイトカイン)が分泌され、

結果コラーゲンが増殖されます。

通常は治療から1〜3ヶ月で
肌にハリと弾力がうまれるとされています。

自分の組織の増殖によって
お肌を変えるので
とても安全性も高く、
それでいて有効な治療結果も上がっている方法です。

お肌全体のコラーゲン増殖と
たるみの改善

2014-05-13-23.46.29-300x204 - image

2014-05-13-23.47.00-300x138 - image

上 左目 下 右目のたるみ状況です。

前々から気になっている
特にヒドイたるみは目の下。

この目の下と顔全体的なたるみを
今回ダーマローラーで治療で改善を試してみます。

ダーマローラーは
このような医療系の治療には珍しく、
目の周りも治療できるようです。

メーカーの実験結果による写真でも
目元治療の例もありました。

その他、首、背中、
二の腕(毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん))、
前腕、お尻、下腿(膝から足首)
などでもできるようです。(
施術メニューがあるクリニックがありました)

実験結果の例によると
ダーマローラー直後から
コラーゲンの増殖は始まるようです。

約2ヶ月かけてコラーゲンが増え、
平均206%、最大1000%コラーゲンが増加した
という結果もあるようです。

2~6週間ごとに5~6回の治療で
ほぼ全ての肌が入れ替わるようです。

トレチノインとハイドロキノンは
肌にハリがとても出ますが、
メンテナンス期間に入ると
トレチノインの作用による反応時の
ピークのようなハリは落ち着きます。

そこで、実際にコラーゲンを
増殖させる治療も並行して行い、
顏の状態の悩みの改善をしていく予定です。

20歳過ぎの頃から目の下のたるみ、くまはあり、
その改善と顔全体の引き上げ狙いです。

どこまで改善できるかわかりませんが、
少し繰り返して行って行きたいと思います。

トレチノイン治療で肌が綺麗になり、
もっと綺麗な肌にしたい!

2014-05-13-22.35.02-300x209 - image

2014-05-13-22.35.16-300x195 - image

完全にすっぴんの写真です。
トレチノイン治療でずいぶんお肌自体は綺麗になりました。

となると今度はハリ。

ハリ自体は
お肌の表皮の奥にある真皮の状態で変わってきます。

お肌の真皮には編目状にコラーゲンがあり、
それを繋ぎ合わせる弾力性のあるエラスチンがあります。

エラスチンはお肌の弾力を保っています。

隙間には水分が十分に含まれた
ゼリー状のヒアルロン酸。

お肌全体の潤いに影響します。
肌の内側の水分を保つ役割もあります。

これらがあわさり、
弾力性のあるハリのあるお肌ができています。

ただし年齢を重ねたり、紫外線の影響で
真皮の構成成分の生産は減ってしまい、
真皮全体のコラーゲンやエラスチンの生産量も減ります。

そうすると
肌全体の弾力やハリはも減り失われ、
シワや目の下、顔全体のたるみの原因に
なるとされています。

2014-05-13-22.06.04-300x225 - image

アップで見た顏の状態です。

ダーマローラーを扱うクリニックのサイトによると
凸凹肌にも効果は期待できるとのこと。

まとめ

ダーマローラーの学会発表論文の要約をすると
2006年に、皮膚病理学者のLaaff博士は、
ドイツフライブルクの形成外科医M.Schwarz医師の
行った研究で採取された20のブランド生検組織において、
コラーゲン及びエラスチンの生成に対する
DarmarollerTMの作用を評価した。
のようです。

生検組織は、
ダーマローラーを受けた10人の患者の身体各部から、
Schwarz医師によって採取されています。

2014-06-03-00.02.40-300x225 - image

最初の対象生検組織は、
Dermaroller MF8(1.5mm針)で
穿刺した部位に隣接する部位から採取されています。

施術6~8週間後に、
別の生検組織が穿刺した皮膚から採取されました。

新しい膠原繊維及びエラスチン線維の形成は
明白で極めて劇的であり、
線維形成の増加は平均206%であることが観察され、
1人の患者では、1000%の増加が確認されました。
(Schwarz,2006 Collagen induction by microneedling より、和訳)

10人の平均コラーゲン増殖率は206%です。

実験結果によると回数を重ねることで
効果が期待できそうです (*’-‘*)

また詳細アップしていきます。

使ったものはこちら
>>医療用ダーマローラー(Dermaroller)[MC915]

>>エムラクリーム(EmlaCream)5%

>>[エムラクリームジェネリック]プリロックス(Prilox)5%

自分でするダーマローラー効果経過記一覧はこちら

ダーマローラーの効果、使用方法などの詳しいまとめ記事はこちら

line88x20 - image
hatena - image
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。